桃花スリムの効果は?NO1の便秘茶が1,800円で激安販売中!
*
桃花スリムの効果は?NO1の便秘茶が1,800円で激安販売中! > カロリー > 40男こそ!? ダイエットや仕事の効率が上がる“朝食抜き”方法とは

40男こそ!? ダイエットや仕事の効率が上がる“朝食抜き”方法とは

(公開: 2017年07月01日)

働き盛りの40代、日中の活動のために「朝食はしっかり」という人は多いだろう。だが、人は空腹になることで健康になりパフォーマンスも上がるという。忙しい40男こそ知っておきたい「朝食抜き」生活について、渡辺医院院長の渡辺完爾さんに聞いた。

■■今回のアドバイザー

渡辺医院院長

渡辺完爾さん

昭和29年 3月23日生、昭和54年独協医科大学医学部卒、医学博士。幼少期より父(渡辺正)の指導により朝食抜きの2食・生菜食・温冷浴など西式健康法を実践。平成9年4月から渡辺医院副院長として、西式健康法を基礎に断食療法・生食療法・運動療法など自然療法にて、各種疾患の治療にあたっている。平成23年より渡辺医院院長。近著に『病気知らずの体になる 「腹七分目」の満腹法』がある。
■病気の原因は食べ過ぎにあり! 朝は排泄のための時間にあてるべき
昔から賛否両論ある「朝食抜き」だが、渡辺さんは健康面から推奨している。

渡辺さん「朝食を抜くことをオススメする理由のひとつは、病気を引き起こす最大の原因が食べ過ぎにあるということです。動物(マウス、イヌ)に好きなだけ食べさせた場合と、それより30%食事量を減らした場合を比較した実験でも、食事制限をしたほうが健康で長生きするという結果も出ています。1食抜くことで、摂取するカロリーも減るわけですから1日2食の習慣は、ダイエットの助けにもなるでしょう。

また、小腸の排泄運動は胃が空になったときに行われています。…

引用元:この記事を読む